結婚内祝いの知識を養いましょう

内祝いは本来は、自分たちの喜びをわかちあってもらおう、という趣旨で喜び事があった際に、親族や近親者、親しい友人などへ本人たちが送るものが通例でした。
しかし、近頃は内祝いはお祝いをもらった際のお返しとして認識されていることが一般的となっています。
式や披露宴を開いた際に、持参した祝儀をもって結婚祝いをする人も多いですし、した側に関しては式場で渡す引き出物をもって、お返しとすることも多くなっています。
結婚式をしなかった、披露宴をしなかったけれどお祝いの品をもらってしまったという場合に関しては結婚をした側はそれに対してお返しが必要と判断した場合は、結婚内祝いという形で何か贈り物をすることが必要となります。

結婚の内祝いについて
お祝いをいただいたら内祝いを返しましょう
結婚式の内祝いについて
結婚内祝いの知識を養いましょう