結婚式の内祝いについて

結婚式にお招きできなかった方からお祝いを頂いた際には結婚内祝いを送るのが一般的です。
その時期は結婚式の後なるべく早めに送るようにし、その理由としては、無事結婚式を終えたという報告も兼ねていることから、一か月以内を目安とするのが良いでしょう。
その予算は、いただいた半額程度が一般的ですが、逆に半額も戻ってくると気を使ってしまう方もいらっしゃいます。
また、内祝いとはおめでたいことがあったことを内(自分)でお祝いし、その喜びをお分けすることが本来の意味合いのため、お祝いのお返しに直結するわけではありません。
そのため、金券など数字が反映されるものではなく、送り先の方によって喜んでいただけるものを選ぶことが重要なことと言えます。

結婚の内祝いについて
お祝いをいただいたら内祝いを返しましょう
結婚式の内祝いについて
結婚内祝いの知識を養いましょう